(2016年8月号 表紙)

「月刊星ナビ 2016年8月号」

特別定価:1,010円(税込)  送料:150円

 商品に関するご質問はこちらでどうぞ

定期購読のご案内定期購読のご案内

★主な内容(詳しくは → 紹介ニュース

綴じ込み特別付録「星空ダイアリー2016夏」 写真・解説/谷川正夫
表紙
□
サンプル
□
赤道儀を使って星を点に写す「今から始める星空写真」 解説・作例/飯島 裕

星空の撮影はダイナミックな宇宙の姿を私たちに見せてくれる。夜空を巡る星々は、日周運動を追尾するコンパクトな赤道儀を使うことで、よりいっそうハッキリと克明に描写することができるようになる。

標高世界一のTAO望遠鏡が動き出す「赤外線で見通す宇宙 1…TAOの始動」 解説/吉井 譲

1998年にTAO計画の構想を開始してから今年で18年が経つ。2018年初頭のファーストライト観測を目標に、現在TAO望遠鏡および付帯設備の設計、製造が猛スピードで進んでいる。今まさに生まれ出ようとしているTAO望遠鏡の胎動を様々な切り口で紹介していく。

星の都の物語〜パリに天文学の足跡を訪ねて 第2回「地球の自転を刻むアート」 案内/廣瀬 匠

パリは芸術の都であると同時に、近現代における科学技術の発展に大きく寄与した場所でもある。パンテノンで揺れる美しいフーコーの振り子を中心に、芸術と科学技術という2つの要素が互いを高め合う世界を案内する。

星の写真調整24「「デジタル現像」を使いこなす」 解説/中西昭雄

天体は輝度差が大きく、背景宇宙に溶け込む淡い部分から明るい中心部まで一枚の写真に表現するのが難しい被写体です。「ステライメージ7」の「デジタル現像」は、ハイライト部の調子を圧縮して天体画像を自然な調子に仕上げることができます。
「デジカメで撮ってステライメージで仕上げる 星の写真調整」動画解説と画像サンプル

■
今夜、星を撮りに行こう
■
チリ・アタカマの望遠鏡プロジェクト
(提供/東京大学TAOプロジェクト)
■
芸術の都の科学
■
アニメ「planetarian」配信開始
© VisualArt's/Key/planetarian project

News Watch

★コーナー連載

星ナビ.com