(2016年3月号 表紙)

「月刊星ナビ 2016年3月号」

特別定価:1,010円(税込)  送料:150円

 商品に関するご質問はこちらでどうぞ

定期購読のご案内定期購読のご案内

★主な内容(詳しくは → 紹介ニュース

綴じ込み特別付録「切って使える 太陽を安全に見る「日食観察プレート」A6サイズ」

□

3月9日 部分日食「ちょっと欠けた昼前の太陽」 解説/浅田英夫

日食はおおむね1年間に半年間隔で2回起こるが、その1回目が3月9日午前中に見られる。この日食は、インド洋東部からスマトラ島の南部、カリマンタン島南部、スラウェシ島の中部を太平洋へと本影が抜ける皆既日食だ。部分食帯の北限界線が日本北方を通っていて、2012年5月21日の金環日食以来4年ぶりに、日本全国で部分日食として見ることができる。

流星群の観測報告と流星撮影の新時代 解説/泉 潔・沼澤茂美

2015年の晩秋から初冬にかけて「おうし座流星群」と「ふたご座流星群」の活動がマスコミ関係やSNSなどのネットを通して話題になった。両流星群の活動のレポートと、撮影機材の躍進を受け転換期を迎えている流星撮影の最新スタイルを考察する。

デジタルカメラで月を撮る 3「テーマを決めて撮る」 解説・写真/塩田和生

月の写真撮影に挑戦するときは、ただ撮影するだけでなく「新月から次の新月までの月の満ち欠け」や「月の秤動によって変化する縁に近い部分の地形の見え方を追いかける」など、「テーマ」を決めて取り組むとよりおもしろくなります。

天文学の20世紀 近代天文学の開拓者たち 第22回「フランク・ドレイク」 案内/二間瀬敏史

今から80年ほど前、夜空を見て地球外生命について考える多くの人の中に、ひとりのアメリカ人の少年がいました。少年は成長しても、その思いを忘れることなく天文学者となり、1960年、実際に人類最初の地球外生命の探査を始めたのです。SETIの立役者であり、銀河系に存在する高等文明の数を導き出す「ドレイクの方程式」を提唱したフランク・ドレイクの登場です。

星の写真調整19「「チャンネルパレット」の活用」 解説/中西昭雄

「レベル調整」や「カラーバランス」、「空間フィルタ」は初心者からベテランまで多くの人が活用する基本的な写真調整ですが、これらの調整作業を行う際に「チャンネルパレット」を使うと、作業効率が格段に上がります。

ウェブでは、動画や素材画像を公開しています。
「デジカメで撮ってステライメージで仕上げる 星の写真調整」動画解説と画像サンプル

今月の視天「『明月記』の超新星記録を世界へ伝えたアマチュア天文家 射場保昭」 解説/井上 毅

今から80年以上前、ひとりの日本人が藤原定家の『明月記』に記された新星の記録を世界に紹介した。これがきっかけとなって古記録から天文学をフォーカスする試みがスタートしたが、その日本人についてはほとんど知られていなかった。

■
日食観察プレートで
部分日食を見よう
■
月の「テーマ」を考える
■
「ドレイクの方程式」を提唱
(イラスト/高部哲也)
■
池谷・関彗星から50年
■
古記録を世界に紹介
(提供/射場満家)

News Watch

★コーナー連載

星ナビ.com