月刊星ナビ 2014年9月号

定価:820円(税込) 送料:150円

紹介ニュースを読む

 商品に関するご質問はこちらでどうぞ

バックナンバー一覧定期購読のご案内


(2014年9月号 表紙)

★主な内容

パオナビスペシャル 宇宙がぐんと近くなる「2014夏のイベント大特集」 紹介/原智子・梅本真由美・編集部

「はやぶさ2」の打ち上げを前に、宇宙・天文イベントがまるで花火のように各地で盛大に打ち上げられている。気になる情報をチェックして、しっかり予定をたてておこう。星三昧の夏に乗り遅れるな!

古天文よりみち紀行6 夜更かしして月の出を見る「江戸の二十六夜待」 レポート/前田知絵、撮影/飯島 裕

江戸の人々が月齢26の月の出を待って夜更かしするお祭りがありました。未明まで辛抱強く待っていなければならないのですが、多くの町民にとっては、お月見を口実に夜更かしする楽しいイベントだったようです。

機材セレクション 注目の天体写真カメラ レポート/沼澤茂美・山田啓作

あえて画素数を抑え、ISO 409600を達成したフルサイズミラーレスカメラ「最高感度ISO 409600の革命『SONY α7s』」と、センサーや画像処理エンジンはD4と同等の「クラシカルな外見に本物の画質『Nikon Df』」を試用レポート。

天文学の20世紀 近代天文学の開拓者たち 第4回「カール・シュバルツシルト」 案内/二間瀬敏史

アインシュタイン方程式を解き、ブラックホールの理論を提唱したドイツの天文学者シュバルツシルト。42歳という若さで亡くなった彼の短い生涯と、現代宇宙論へ与えた影響、後の天文学者へ引き継がれた功績を紹介します。

極大期に入った太陽を知る 3「黒点の増減と太陽活動」 解説/野澤 恵

太陽にはさまざまな活動があります。周期を持つものとしては太陽黒点の11年変動、太陽自転の影響など、周期的でないものは太陽フレアやCME(コロナ質量放出)などです。今回は主に黒点の周期活動を取り上げます。

新連載 デジカメで撮ってステライメージで仕上げる「星の写真調整」 解説/中西昭雄

天体写真は「ステライメージ」や「フォトショップ」などのフォトレタッチソフトで調整が加えられています。なぜ天体写真には調整が必要なのか、どのような効果があるのかを、天体写真ビギナーにもわかりやすく解説していきます。

ウェブでは、動画や素材画像を公開しています。›› 「動画で学ぶ デジカメ画像処理入門」

今月の視天 久しぶりの肉眼等級「いるか座新星」観測キャンペーンを終えて 清田誠一郎
■
宇宙のイベントがたくさん
■
月齢26の月の出を見る行事
■
最高感度ISO 409600
「SONY α7s」
■
ブラックホールの生みの親、
シュバルツシルト
(イラスト/高部哲也)
■
北海道でKAGAYA展

News Watch

★コーナー連載


お詫びと訂正


星ナビ.com