月刊星ナビ 2014年3月号

定価:822円(税込)  送料:150円

紹介ニュースを読む

 商品に関するご質問はこちらでどうぞ

バックナンバー一覧定期購読のご案内


(2014年3月号 表紙)

★主な内容

プラネタリウム番組「銀河鉄道999 赤い星ベテルギウス いのちの輝き」に見る「星の生と死」 解説/山岡 均

フルドームプラネタリウム映像作品「銀河鉄道999 赤い星ベテルギウス いのちの輝き」では、星の海を旅する鉄郎とメーテルが超新星爆発と星の生成現場に遭遇し、生きる意味を見つめ直す。ストーリーを追いかけながら「星の生と死」について解説していく。

シーズンは今! デジタル一眼レフで躍動するオーロラを撮る〈前編〉 レポート・撮影/西谷尚之

地球で見られる自然現象としては、もっともアクティブかつ美しいもののひとつである“オーロラ”。太陽活動とも深い関係のあるその姿を最近になって急速に進化したデジタル一眼レフカメラで撮影するために、オーロラオーバルの真下にある北の街・カナダ北部準州イエローナイフへ遠征しました。

著者・西谷尚之氏によるオーロラタイムラプス動画 → http://www.youtube.com/user/TheIhatove

新連載 極大期に向かう太陽を撮る 解説・写真/塩田和生

太陽は表面の模様の詳細が確認できる唯一の恒星だ。太陽活動が盛んな今の時期、日々ダイナミックに変化しているその表面は、ひじょうに興味深い撮影対象である。太陽のダイナミックな姿を安全に写すための撮影法を3回に分けて連載していく。第1回は可視光(白色光)による撮影方法を紹介。

※記事中で紹介している、太陽画像に経緯度を表示する「太陽黒点観測用補助ツール」を希望する場合、松本孝さんのウェブページ(http://sunspots.sakura.ne.jp/)にアクセスし、メールで依頼してください

■
星が消えるとき
(c) 松本零士・東映アニメーション
■
オーロラ撮影に挑戦
(撮影/西谷尚之)
■
極大期の太陽を撮るには
■
お坊さんと宇宙を語る

News Watch

★コーナー連載


お詫びと訂正


星ナビ.com