月刊星ナビ 2013年1月号

特別定価:1,008円(税込)  送料:150円

紹介ニュースを読む

 商品に関するご質問はこちらでどうぞ

バックナンバー一覧定期購読のご案内


綴じ込み特別付録「星空ハンドブック2013」

(2013年1月号 表紙)

表紙画像:クリックで拡大

★主な内容

2013年天文現象ハイライト

2012年は、金環日食、金星の太陽面通過、金星食が国内で見られたことから、天文“金”の年と呼ばれてちょっとした天文ブームとなった。これに対して2013年は、パンスターズ彗星とアイソン彗星という明るい彗星が2つ見られると期待されている。2013年は「彗星の年」として、天文ブームは続きそうだ。

新連載 科学者が語る Eternal Return −いのちを継ぐもの− 上坂浩光・梅本智文

現在プラネタリウムで上映中のフルドーム映像作品「Eternal Return −いのちを継ぐもの−」。宇宙で繰り返される“星の生と死”、私たちに繋がるいのちの物語を、この作品を監修した研究者の解説で読み解きます。第1回は、国立天文台の梅本智文さんが「原子の形成から恒星の誕生」について解説。

電子の目で勝手に初期設定、置くだけ全自動「セレストロン スカイプロディジィ 90MAK」 川村 晶+編集部

セレストロンから画期的な自動初期設定機能を持つ自動導入望遠鏡の「スカイプロディジィ(SkyProdigy)」シリーズが発売になった。セッティングに必要なのは、架台の水平調整と、コントローラーの「ALIGN(アライン)」ボタンを押すことだけ。実際の星空の下でさっそく試用してみた。

報告「ケアンズ皆既日食」 沼澤茂美・中西昭雄・星ナビ編集部

11月14日、オーストラリア・クイーンズランド州のケアンズ周辺に日本から多くの天文ファンが出向き、海岸や高原、内陸部で、東の空に極大期のコロナを目撃した。

視天 小惑星による恒星食「2012年の成果と2013年の見どころ」 早水 勉

2012年の成果と2013年の予報の中から顕著なものを紹介。

三鷹の森 146〈拡大版〉「皆既日食〜ドラマチックだった2分間」 渡部潤一
KAGAYA通信 Vol.52〈拡大版〉「アイスランド旅行(大地編)」 KAGAYAスタジオ
■
彗星だけじゃない2013年
(イラスト/沼澤茂美)
■
いのちと宇宙を解き明かす
(CG/LiVE)
■
ケアンズで
黒い太陽を見た!
■
置くだけ簡単自動導入
■
篠原ともえさんの
星空案内ラジオ

News Watch

★コーナー連載


お詫びと訂正


星ナビ.comトップページへ