月刊星ナビ 2012年12月号

特別定価:1,008円(税込)  送料:150円

紹介ニュースを読む

 商品に関するご質問はこちらでどうぞ

バックナンバー一覧定期購読のご案内


綴じ込み特別付録「星空カレンダー2013」

(2012年12月号 表紙)

表紙画像:クリックで拡大

★主な内容

さらばゴールデンイヤー トリプル金の2012年をふり返る 中西昭雄・嘉数 薫・編集部

ふり返ってみると、この1年に話題となった現象は、私たちが目にするもっとも明るい天体である太陽・月・金星、そして地球が、それぞれの軌道を巡りつつ互いの位置を複雑に変化させ、ある刹那に一直線状に並んだことで生まれる類い稀な光景ばかりだったことに気づかされる。その一瞬一瞬をたどり、1年の締めくくりを迎えることにしよう。

今月の視天・スペシャル「2013年 期待の大彗星候補、パンスターズ彗星とアイソン彗星 吉田誠一

2013年は日本の彗星ファンにとって、人生で最高の年になるかもしれない。マイナス等級の大彗星が1年のうちに2つも現れる可能性が出てきた。しかも、そのどちらも、日本にいながら楽しめるというのだ。その彗星の名はパンスターズ彗星(C/2011 L4)とアイソン彗星(C/2012 S1)。前者は2013年春に、後者は2013年末に明るくなる。

キヤノン初のミラーレス「星が写る小さなEOS」 川村 晶+編集部

APS-Cサイズで約1800万画素のCMOSセンサーを撮像素子としたミラーレス一眼のキヤノンEOS M。市販されている量産モデルでの実写と、ほぼ同等の撮像素子を搭載するEOS Kiss X6iとの同時撮影比較も行った。はたして小さなミラーレス一眼は、エントリークラスの一眼レフの実力に迫れるのだろうか。

古天文よりみち紀行5「鎖国時代の天球儀」 前田知絵

日本初の天文学者・渋川春海が活躍したころ、当時はまだ珍しい天球儀や地球儀を自らの手で制作した宗覚という僧がいました。近代天文学の黎明期に、独自の宇宙観を追求した宗覚とはどんな人物だったのでしょうか。

宇宙の公案II エピローグ「公案の向こう」 高田裕行
パオナビニュース「360度が宇宙!移動式宇宙体感シアター“SPACE BALL”」 梅本真由美
■
天文「金」の年を振り返る
■
EOS Mでどこまで写るか
■
鎖国時代の天球儀
■
Windows 8でステラ
■
星の村天文台の
大野台長

News Watch

★コーナー連載


お詫びと訂正


星ナビ.comトップページへ