月刊星ナビ 2012年11月号

定価:822円(税込)  送料:150円

紹介ニュースを読む

 商品に関するご質問はこちらでどうぞ

バックナンバー一覧定期購読のご案内


(2012年11月号 表紙)

表紙画像:クリックで拡大

★主な内容

江戸の天文学と渋川春海−『天地明察』片手に400年前の星空の下へ 嘉数次人

映画『天地明察』が公開されてから約半月、映画館へ足を運んだという人も多いだろう。「暦と天文について詳しく知りたい!」と思った人も、「本当にこんな観測器具使っていたのかな?」と思った人も、もちろん「原作も映画もこれからなんだけど……」という人も必見。好奇心に知識をプラスすれば、天地明察と江戸時代の天文学がさらに輝いて見えてくる。

デジタル対応でリニューアル「復活のナナロク タカハシFC-76D」 川村 晶+編集部

ナナロクといえば、小口径アポクロマート鏡筒の代名詞ともいえる高橋製作所のFC-76だ。対物レンズにフローライトを用い、短焦点ながら収差の少ない高性能な屈折望遠鏡として1980年代に人気を博したが、すでに生産を終了している。そのFC-76が、デジタル天体写真時代を迎えてFC-76Dとして甦った。

宇宙の公案II 10「宇宙の輪廻・進化、そして現在と未来」 海部宣男

宇宙の公案IIの最終回。筆者は、公案Iの第6回で登場いただいた海部宣男さんです。ふだんは気づきませんが、宇宙は、私たちが暮らす世界そのものであり、私たちの存在もまた、壮大な宇宙の歴史に深く繋がっています。この宇宙に生きる……その意味を、私たちと一緒に探していただきました。

→ 星ナビ.comで第Iシリーズの記事を公開しています

日食カウントダウン あと1か月「オーストラリア日食遠征で気を付けるべきこと」 石井 馨
速報 キヤノン初のミラーレス「EOS Mで星を撮る」 川村 晶+編集部
■
渋川春海を掘り下げる
提供/大阪市立科学館
■
デジタル対応のFC-76D
■
宇宙の公案II 10
■
EOS Mで天体撮影
■
長寿日本一の秘訣

News Watch

★コーナー連載


星ナビ.comトップページへ