月刊星ナビ 2012年10月号

定価:822円(税込)  送料:150円

紹介ニュースを読む

 商品に関するご質問はこちらでどうぞ

バックナンバー一覧定期購読のご案内


(2012年10月号 表紙)

表紙画像:クリックで拡大

★主な内容

ヒッグス粒子 ─宇宙創世史に新しい見識を与える“神の粒子”─ 二間瀬敏史

新聞紙上をにぎわせたヒッグス粒子は素粒子の統一理論になくてはならない存在であり、その存在の有無が現在の素粒子論の方向性の正否を握っているといっても過言ではない。素粒子論だけではなく宇宙論にとっても重要であるので、詳しくその宇宙論的な意義を説明してみよう。

日食カウントダウン ケアンズ皆既まであと2か月 石井 馨

11月14日(現地時間)、オーストラリア・ケアンズで見られる皆既日食まであと2か月。日の出直後の観測となるために太陽高度が低いことや、天候条件、宿泊場所からの移動なども考え合わせると観測候補地はさらに限定された場所となりそうである。オーストラリアの観測地情報に関して紹介していこう。お待ちかねのツアー情報も必見。

星を追う卓上経緯台 スカイエクスプローラー SE-AT100N 川村 晶+編集部

ケンコー・トキナーから、コンパクトな卓上型経緯台に口径100mmのニュートン反射鏡筒を搭載したスカイエクスプローラー SE-AT100Nが発売された。コンピューターを内蔵したコントローラーを備え、自動導入はできないものの、「日周追尾経緯台」なので、望遠鏡の視野にとらえた天体を追尾し続けることが可能だ。

宇宙の公案II 09「星へ行くサル・17年後の旅立ち」 的川泰宣

→ 星ナビ.comで第Iシリーズの記事を公開しています

キヤノンEOS 60Daで撮る散光星雲カタログ「ケフェウス座の散光星雲IC 1396」 中西昭雄
■
ヒッグス粒子と宇宙論
提供/CERN
■
ケアンズで黒い太陽を見る
■
星を追尾する経緯台
■
宇宙の公案II 09
■
夜明け前の金星食ギャリー
撮影/門田健一

News Watch

★コーナー連載


お詫びと訂正


星ナビ.comトップページへ