月刊星ナビ 2012年6月号

特別定価:1,008円(税込)  送料:150円

紹介ニュースを読む

 商品に関するご質問はこちらでどうぞ

バックナンバー一覧定期購読のご案内


綴じ込み特別付録「日食観察プレート(A5判)」

□
使い方や工作例は、「金環日食特設サイト」でも紹介しています。

プレートの安全性については、以下のニュースもご覧ください。

(2012年6月号 表紙)

表紙画像:クリックで拡大

★主な内容

金環カウントダウン特集 あと0か月
金環日食 全国タイムテーブル 石田 智
中心線上でまんまるの環を撮る 飯島 裕

目前に迫った金環日食。準備のほどはいかがだろうか。当日の予定はこれからという方に、ここでは国内各地での日食の見え方や進行時刻、さらに金環食帯中心線上で印象深い前景を紹介しよう。観察や撮影の機材についての最新情報もまとめた。

安全に観察する 大越 治

太陽の光は強烈で直接見ることはできない。しかし、日食(金環食や部分食)を観察することは、その太陽を見ること。一歩間違えば強い光で眼に傷害を残す危険性がある。日食を安全に観察して、5月21日の天文ショーをしっかり楽しむことにしよう。

金環直前 覚え書き 石井 馨

金環日食の当日が近づいてきた。まだ観測機材すら決まっていないという方もいるかもしれないが、日食の前日になって観測準備の最終点検をするのではなく、できれば大型連休中には点検を行っておいてほしいものである。そんな駆け込み組の準備と心得について紹介しよう。

カメラで撮る 川村 晶+編集部

カメラのレンズを直接太陽に向けるのはカメラにも眼にも危険だが、付録の「日食観察プレート」を撮影用の簡易減光フィルターとして使用すれば、手軽なコンパクトデジタルカメラでも太陽の欠けたようすを写すことができる。

ビデオで撮る 唐崎健嗣+編集部

ビデオカメラで金環日食を撮る場合に必要なことは強烈な太陽光の「減光」と、「ピント(フォーカス)の無限大」である。減光するには付属の「日食観察プレート」をカットし、簡易減光フィルターとしてレンズの前に取り付けるのが簡単だ。

6月6日 世紀に2回の稀少現象「金星の太陽面通過」 川村 晶

8年ぶりの金星の太陽面通過は、国内どこでも全経過が見られるという好条件。しかも今回見逃すと次は105年後というきわめて希な天文現象なので、ぜひとも記録に残しておきたい。前回の2004年に撮影された画像も掲載しつつ撮影のポイントを紹介しよう。

宇宙の公案II 05「ともに生きる宇宙」 髙柳雄一

→ 星ナビ.comで第Iシリーズの記事を公開しています

パオナビ 金環日食&金星の太陽面通過 関連イベント
■
リングを安全に見る、
撮って残す
■
日食関連商品、
続々発売
■
金星も太陽と重なる
(撮影/川村 晶)
■
ともに生きる宇宙を語る
■
ジュニアセッションの春

News Watch

★コーナー連載


お詫びと訂正


星ナビ.comトップページへ