月刊星ナビ 2012年3月号

定価:822円(税込) 送料:150円

紹介ニュースを読む

 商品に関するご質問はこちらでどうぞ

バックナンバー一覧定期購読のご案内


(2012年3月号 表紙)

表紙画像:クリックで拡大

★主な内容

金環カウントダウン特集「太陽を安全に見る・撮る」

日食の観察や撮影は、太陽そのものの観察や撮影だ。しかし、太陽の光のエネルギーはきわめて強く、太陽を直接観察しようとしてもまぶしすぎ、しかも眼に大きな傷害を受けてしまう。金環日食に備えて、観察と撮影に最適な減光フィルターを詳しく紹介する。

低ノイズ・高解像度のタイムラプス動画を作ろう「オーロラ動画に挑戦」 西谷尚之

揺らめくカーテンのような神秘的な姿で私たちを魅了するオーロラ。高感度で連続撮影した静止画を動画化する「タイムラプス」で、ビデオによる動画撮影ではとらえきれなかった、繊細な色と動きを再現してみよう。

クロイツ群再び―ラブジョイ彗星が魅せた長大な尾 太田祥宏

昨年12月2日、アマチュア天文家テリー・ラブジョイ氏によってひとつの彗星が発見された。ラブジョイ彗星と名づけられたこの彗星は、1965年に大彗星となった池谷・関彗星と同じく、長い尾を伸ばす大彗星が多いのが特徴である「クロイツ群」に分類される。太陽のそばをすり抜けた後、長大な尾をひく大彗星となり南半球の空にその姿を現した。ニュージーランドや国際宇宙ステーションで撮影されたラブジョイ彗星の雄大な姿を大公開。

ギリシア神話の星舞台を巡る V 橋本武彦

古代ギリシャで信仰を集めていた神々は、どのようにして天体と結び付けられていったのでしょうか。連載の締めくくりとして、オリンポス十二神由来の土地を訪ねながらギリシア神話の盛衰を紹介します。

宇宙の公案II 02「宇宙論の転機」 池内 了

→ 星ナビ.comで第Iシリーズの記事を公開しています

今月の視天 「歴史に名を刻んだラブジョイ彗星」 吉田誠一
■
日食を見るフィルター、
撮るフィルター
■
オーロラ動画に
挑戦しよう
■
ラブジョイ彗星
ギャラリー
(提供:NASA/SOHO)
■
ギリシア神話の盛衰
■
17年の宇宙論を考える

News Watch

★コーナー連載


お詫びと訂正


星ナビ.comトップページへ