月刊星ナビ 2011年8月号

特別定価:1,008円(税込) 送料:150円

紹介ニュースを読む

 商品に関するご質問はこちらでどうぞ

バックナンバー一覧定期購読のご案内


(2011年8月号 表紙)

表紙画像:クリックで拡大

★主な内容

比較明合成で星景写真を撮る 川村 晶+編集部/東山正宜、菊地 謙、大島 学、原田正司、田中隆博、平野貴章

地上景色と星空とを同時に写す星景写真撮影を楽しむ人が増えている。今回は、短い露出で連続して撮影した星の像を、画像処理によって軌跡として延ばす手法として普及しつつある「比較明合成」での星景写真を紹介しよう。

バスで行ける標高2700m 乗鞍畳平で山岳星景を撮る 企画/古庄 歩 紹介・解説/武井伸吾 写真/武井伸吾・安田幸弘・古勝数彦

「一度は山岳星景を……」と思っている人も多いのではないだろうか。本格的な登山は無理という人でも、気軽に訪れることのできる山域である「乗鞍」のアクセスや滞在の方法から、パッキングのコツ、おすすめ撮影スポット、撮影時のポイントまで案内する。この夏、山岳星景を始めてみよう。

近代学問の基礎を築いたイスラム世界の天文学 Part3 廣瀬 匠

インドは、その存在感、文化の奥深さ、混沌としたそのあり方だけでなく、成長著しい情報技術の分野においても、私たちを引きつけてやまない。それは千年前に世界の最先端を歩んでいたイスラム世界の人々にとっても同じだったようだ。インド人が開発した「情報処理技術」はイスラム天文学と数学に組み込まれ、現代でも生き続けている。

三脚だけで天体の追尾撮影ができる 星を追うカメラ「ペンタックス O-GPS1 with K-5&K-r」 Part2 川村 晶+編集部

先月号で緊急レポートをお送りしたペンタックスのO-GPS1。その斬新な機能に惹かれ、早くも入手したという方も少なくないだろう。本誌では今月も引き続きO-GPS1について、使いこなしのコツや開発者インタビューなどをお伝えしよう。

パオナビ 夏のイベント特集

全国星まつり、研究施設特別公開、「はやぶさ」イベント ほか

この夏の注目天文現象
■
比較明で新しい表現を
(撮影/田中隆博)
■
山岳星景デビューしよう
■
イスラムに影響を与えた
インド天文学
■
「星を追うカメラ」
開発者に聞く
■
復興支援イベントを
広げよう

News Watch

★コーナー連載


星ナビ.comトップページへ