月刊星ナビ 2010年11月号

定価:822円(税込)  送料:150円

紹介ニュースを読む

 商品に関するご質問はこちらでどうぞ

バックナンバー一覧定期購読のご案内


2010年11月号 表紙

表紙画像:クリックで拡大

人と歴史が生み出した壮大な叙事詩 星のギリシア神話 解説/伊東昌市(国立天文台)、神話紹介/多賀治恵

季節の星座とともに語られるギリシア神話の世界。神話は星空の広がりを知るためのただの手段だと思っていませんか? プラネタリウムや星座の図鑑で紹介されるギリシア神話は、壮大な叙事詩のほんの一部なのです。神話の誕生や異説・通説を知ることで、これまで何となく読んでいた夜空の登場人物たちが、さらに生き生きと動きまわり、彼らの活躍する奥深く壮大なドラマの世界に魅せられることでしょう。

最強の三代目アトラクス登場 ビクセンのステイタス「AXD赤道儀」 レポート/川村晶+編集部

ビクセンの「アトラクス赤道儀」シリーズの三代目となるAXD赤道儀が発売になった。スマートなフォルムながらも搭載可能重量が最大30kgという中型赤道儀だ。コントローラーも一新、より高精細な画面のSTAR BOOK TENを標準装備とし、さらなるユーザーフレンドリーな操作性を実現したという。そんなAXD赤道儀の実力を探るべく、実際の星空の下で試用してみた。

月への階段 Staircase to the Moon 写真・文/沼澤茂美

「月への階段」という神秘的な自然現象をご存じだろうか? 最近、西オーストラリアのブルームという町の名物として話題になっている。一見すると単なる「月の出」のように見えるが、よく見るとかなり違っていることに気づく。湾をはさんで東の空に月が昇ると、月の光がバーコード状に残った水面に反射して「月への階段」を見せてくれるのだ。

天の川を下る肉眼彗星 10月21日ハートレイ彗星が地球に最接近 解説/浅田英夫
“活発化ラストイヤー”のオリオン群と“火球増加中”のふたご群に注目 解説/佐藤幹哉
■
神々が好色なワケとは?
(提供/伊東昌市)
■
アトラクスの三代目
■
月へ昇る階段
(撮影/沼澤茂美)
■
アメリカの星まつり
(撮影/宇都久幸)

News Watch

★コーナー連載


お詫びと訂正


星ナビ.comトップページへ