月刊星ナビ 2009年3月号

定価:822円(税込)  送料:150円

紹介ニュースを読む

 商品に関するご質問はこちらでどうぞ

バックナンバー一覧定期購読のご案内


2000年12月号(11月5日発売)の創刊から8年余り、おかげさまで星ナビは2009年3月号(2月5日発売)で通巻100号を迎えました。記念号ということで100号らしく100にこだわった特集を企画し、100号記念読者アンケートも実施しています。読み応え充分、読者の皆さんへの100号分の感謝の気持ちがぎっしりつまった3月号です。

2009年3月号 表紙

表紙画像:クリックで拡大

天文・宇宙が解るキーワード100

2000年11月、21世紀の幕開けにふさわしく、新しい天文趣味世界をナビゲーションしようと「星ナビ」を創刊してから、2009年3月号で記念の通巻100号目。この間、「星ナビ」が伝えてきたさまざまな分野の話題の中から100のキーワードをセレクトしました。詳しい解説で、天文・宇宙の「今」が見えてくる!

ルーリン彗星最接近!真夜中に南中する肉眼彗星に

注目の彗星が、いよいよ見やすくなってきました。軌道傾斜角が178度と、ほぼ黄道面に沿って逆行する彗星で、2月24日には彗星は地球に0.4天文単位まで接近し、最接近の2日後の26日には、衝の位置になります。最も明るくなるときに一晩中観測ができるこのチャンスを逃さないように、準備万端で挑みましょう。

皆既日食観測ツアー日程発表 レポート/星ナビ編集部天文ツアーデスク

星ナビ編集部では、今回の皆既日食でも旅行会社と協力してツアーを企画しています。その第一弾として、過去に数多くの日食観測ツアーを催行している日通旅行首都圏旅行支店7課との共同企画ツアーを紹介します。

■
100のキーワードから宇宙が見えてくる
■
星ナビ協賛ツアーで皆既日食へ
■
日本人による超新星発見が100個目に
■
星空の宅急便 東京モバイルプラネタリウム
■
星を見たら登録。世界天文年に参加しよう

NewsWatch

★コーナー連載


星ナビ.comトップページへ