月刊星ナビ 2008年2月号

特別定価:1,008円(税込)  送料:150円

紹介ニュースを読む

 商品に関するご質問はこちらでどうぞ

バックナンバー一覧定期購読のご案内


ハンドブック表紙 イメージ

綴じ込み特別付録「星空ハンドブック2008」

内容:2008年天文現象ハイライト/1〜12月の星図と天文カレンダー/惑星の動き/年間天体出没図


2008年2月号 表紙

表紙画像:クリックで拡大

ぜんぶ見たい!ぜんぶ撮りたい! 2008年見逃せない天文現象 画像・イラスト/JPL(日本プラネタリウムラボラトリー) 星図/白河天体観測所・あさだ考房

昨年末に大バーストしたホームズ彗星は、私たちに想像もつかないような現象が起こる得ることを再認識させてくれた。そう、宇宙はいつでも驚きと美しさに満ちている。予想を超えた出現を見せる流星群、宇宙の壮大な三次元空間を感じさせる様々な食現象、肉眼、双眼鏡、望遠鏡でまったく違った表情を見せる月や惑星たち――2008年、私たちの前にはどんな天体ショーが待ち受けているのだろうか。

PCからの遠隔操作もできるミドルクラスの決定版 キヤノン EOS 40D レポート/川村 晶+古庄 歩+編集部

キヤノンのデジタル一眼レフカメラでEOSデジタルシリーズの新型ミドルクラスが、EOS40Dだ。長時間の露出を強いられる天体撮影において、ノイズの少ないことで定評のあるEOSデジタルシリーズだが、さらに天体撮影に便利なライブビューやPCからのリモートコントロール機能も搭載された。実際の天体撮影の現場で試用しつつ、天体撮影に有用な機能や使い勝手を紹介する。

吉田誠一の視天 拡大版 肉眼彗星として輝き続けるホームズ彗星の変化を追う

史上最大級の大バーストを起こし、2等級の肉眼彗星となったホームズ彗星。10月24日のあの夜から、早くも2か月が過ぎた。だが、ホームズ彗星の明るさは一向に衰える様子がなく、いまだに肉眼彗星として見え続けている。バースト後の変化をデータとギャラリーで紹介する。

正しい入門機 スコープテック・ラプトル50 レポート/川村 晶+編集部
星のかけらが降ってきた 隕石っておもしろい!Part5 日本に落ちた隕石たちの巻 画/露猫綾乃
■
2008年見逃せない天文現象
■
キヤノン EOS 40D
■
ホームズ彗星の変化を追う
撮影/百海正明
■
スコープテック・ラプトル50
■
隕石っておもしろい!Part5

NewsWatch

★コーナー連載


お詫びと訂正


星ナビ.comトップページへ