月刊星ナビ 2007年8月号

特別定価:1,008円(税込)  送料:150円

完売しました。

バックナンバー一覧定期購読のご案内


2007年8月号 表紙

表紙画像:クリックで拡大

夏Special 7〜8月の天文現象・イベントを完全網羅!

いよいよ夏がやってきた! 各コーナーの拡大版で、夏の星空の楽しみ方を徹底サポート。好条件のすばる食・3年ぶりの皆既月食のほか、恒例のペルセウス座流星群や全惑星観望制覇のための詳しい星図を掲載。また、銀河系中心方向・いて座とさそり座付近の見どころも解説している。星雲・星団銀座と呼ばれる領域から選りすぐりの対象をセレクト。「パオナビ」は全国の星まつりを中心に、研究施設特別公開や七夕のイベント情報を紹介。

タカハシの哲学 FSQ-106ED

従来のタカハシが持つアプローチから大きく異なる設計思想で生み出されたのが、タカハシ初の4群4枚ペッツバールタイプのFSQ-106だった。そのFSQ-106の発売から8年、フルモデルチェンジを果たし、後継機となるFSQ-106EDが発売となった。フローライトレンズに代わってEDレンズを採用し4群4枚構成ながらも大きく異なる光学系でのリリースだ。この新時代FSQともいえるFSQ-106EDの実力を検証する。

COSMOTOGRAPHY−天上のCCD画法− 拡大版 R Jay GaBany

2006年6月号から連載の始まった「COSMOTOGRAPHY」。GaBany氏による天体写真は、すばらしい解像感と色彩で私たちに宇宙の奥行きと美しさを実感させてくれる。これほどの作品は、どのようにして生まれるのか? 美しい作品たちをギャラリーで楽しみながら、1枚の作品を得るために100時間以上も処理に費やし最高の画像を求め続けるGaBany氏の姿に迫る。

さらに高精細な宇宙像を求めて すばる望遠鏡に導入された「レーザーガイド星補償光学系」の威力 解説/斉藤嘉彦 早野 裕 (国立天文台ハワイ観測所)
■
夏の星空の見どころを網羅
■
全国星まつりスケジュール
■
タカハシ FSQ-106ED
■
軌道星隊シゴセンジャー参上!
■
爆笑プラネタリウムDVD

NewsWatch

★コーナー連載


お詫びと訂正


星ナビ.comトップページへ