月刊星ナビ 2007年5月号

定価:761円(税込)  送料:150円

 商品に関するご質問はこちらでどうぞ

バックナンバー一覧定期購読のご案内


2007年5月号 表紙

表紙画像:クリックで拡大

星の羅針盤 大平洋の島々を結ぶスター・ナビゲーション 解説/石川直樹 協力/ハワイ州観光局・五藤光学研究所

遠い昔、人類は新天地を求めてカヌーで太平洋へ漕ぎ出し、何千キロも離れた島々へと散っていった。海図も方位磁石も持たない彼らを導いたのは頭上に広がる満天の星。彼らは星々からどのように自分たちの位置を知り、目的地を見出したのだろうか。伝統航海術を受け継ぐ航海用カヌー・ホクレア号の旅を通して、伝統航海術の世界にせまる。

デジタルフォト最前線 画質もボディも大進化を遂げたS3Pro後継機 ファインピックスS5Pro レポート/星ナビデジカメ実験隊 協力/富士フイルム

富士フイルムのデジタル一眼レフカメラ「ファインピックスS5Pro」が発売となった。1234万画素の総画素数は前モデルのファインピックスS3Proと同等だが、より進化したスーパーCCDハニカム「SRPro」と画像処理エンジンを採用し、さらに高いS/N比を持った画質を実現している。水素のHα輝線で輝く赤い星雲の描写が良好なことで人気のあったファインピックスS3Pro直系の後継機でもあり、その天体撮影適性に注目だ。

記録的な明るさを見せたミラ 解説/高橋 進

日本の変光星観測史上で最も明るく1.9等の観測も報告された、くじら座の変光星ミラ。観測史とこれからの展望。

みずがめ座η流星群 突発出現なるか!? 解説/佐藤幹哉

兄弟群「オリオン座流星群」が昨年大出現し、注目されるみずがめ座η流星群。5月6日深夜にダスト・トレイルと遭遇し、7日明け方に出現か? 出現のメカニズムを検証。

2つのさそり座新星の出現 土井さんと板垣さんが超新星発見 解説/鈴木雅之
■
星が導く航路
(c)Monte Costa
■
進化したS5Pro
■
プラネタリウムバー登場
■
ニューホライズンズ、木星でスウィングバイ
(c)JHUAPL/SwRI

NewsWatch

★コーナー連載


星ナビ.comトップページへ