月刊星ナビ 2007年4月号

定価:761円(税込)  送料:150円

 商品に関するご質問はこちらでどうぞ

バックナンバー一覧定期購読のご案内


2007年4月号 表紙

表紙画像:クリックで拡大

あるときは彗星、またあるときは小惑星 彗星と小惑星のきわどい関係 解説/佐藤幹哉(国立天文台)

日々変化する彗星のイメージと変化のない小惑星のイメージは、まったく異なるものと思われるかもしれない。しかし近年の研究で、あるときは彗星、またあるときは小惑星という、両者の溝を埋めるような天体の存在が明らかになってきた。彗星と小惑星との関係は、現在どのように考えられているのだろうか。今後、両者を明確に区別していくことはできるのだろうか。その疑問の答えに迫る。

マックノート大彗星メモリアル 撮影・解説/藤井 旭

予想をはるかに超える見事なほうき星となって南半球の夜空を飾ったC/2006P1マックノート彗星。見に行くことができなかった天文ファンに、その雄姿をご覧にいれよう。前代未聞の姿を、過去に出現した大彗星たちと見比べてみるのもまた一興だろう。

スマートな大口径ダハ双眼鏡 ニコン モナークシリーズ 川村 晶+編集部

ニコンビジョンのダハプリズム双眼鏡であるモナークシリーズは、位相差コーティングや高反射コーティングを施されたプリズムが採用されながらも、きわめて安価な価格設定で供給されている。数年前から双眼鏡の新たな「格」として認識され始めたハイパースタンダードと呼ばれるクラスの機種だ。今回は、特に天文用途にも向くと思われる口径56mmの3機種を実際に試用してみた。

いろいろ遊べる トミーテック ペンシルボーグ25 川村 晶+編集部

ペンシルボーグは、その名のとおり片手に握れてしまうほどの小さな天体望遠鏡である。対物レンズは1群2枚構成の立派な光学ガラス製アクロマートだが、口径はわずかに25mm、焦点距離も175mm・F7と見事なまでの小粒っぷりだ。その小さなボディをベースに、アイディアを展開させて遊び倒そう。

フルサイズ冷却CCDカメラが拓く新境地(3) 解説/中西昭雄

第3回目は実際の撮影で使う光学系について考えてみる。フルサイズなら、かつて銀塩カメラで培った焦点距離と画角の関係を自然に受け入れられることだろう。長らく写真を続けてきた方ほど、経験を活かすことができるに違いない。

ますます激戦!プラネタリウム解説コンクール2007 谷川正夫
星空へ羽ばたけ!新アストロカー“ペガサスII”誕生 渡並秀一
■
彗星か?小惑星か?
■
マックノート彗星vs歴史に残る大彗星
撮影/藤井 旭
■
ニコン モナークシリーズ
■
ニュートン 新・東京店オープン
■
アニメ「ロケットガール」
(c)野尻抱介・むっちりむうにい/富士見書房/ハピネット
■
土井隆雄さん超新星発見
(c)NASA-HQ-GRIN

NewsWatch

★コーナー連載


星ナビ.comトップページへ