月刊星ナビ 2004年4月号

定価:761円(税込)  送料:150円

 商品に関するご質問はこちらでどうぞ

バックナンバー一覧定期購読のご案内


2004年4月号 表紙

★今月の特集

先着順プレゼント!
サンシャインスターライトドーム“満天”招待券

コニカミノルタプラネタリウムの運営でオープンする東京・池袋の「サンシャインスターライトドーム」(愛称:“満天”)の招待券を本誌読者250組500名様にプレゼント。先着順!

ニコンD70 鮮烈デビュー!

EOS Kiss Digital キラーとなるか? 天体写真界を揺るがす新製品

ついに正式な製品発表が行われ、3月19日に発売が決まったニコンのデジタル一眼レフカメラ D70。610万画素のCCDを搭載し、ボディのみの実売価格が約12万円という魅力的な新製品だ。天体写真適性を調べるため、その実力を検証した。

ネット時代の彗星ウオッチング 佐藤裕久

新彗星発見のニュースをいち早く知る方法は? 軌道要素は? 画像は? 天文ファンなら知っておきたい、国内外の必見サイトの読み方から、ネットを通じての新彗星探索方法まで、インターネットによる彗星情報サイトを完全網羅。

火星探査機最新画像 三河内岳(東京大学理学部)

1月25日、スピリットに引き続き火星の着陸に成功したオポチュニティー。双子のローバーは、それぞれの着陸地点で精力的に探査を進めている。これまでに両探査機から得られた成果を公開!

彗星撮影のポイント

機材、情報を集めたら、いざ撮影に挑戦しよう。肉眼彗星をより美しく、よりドラマチックにとらえるためには、どんな準備が必要なのだろうか。

リニア彗星・ニート彗星 観測ツアー

残念ながら日本での条件はベストとはいえない二大彗星の共演。しかし天文ファンの熱い要望で、各旅行社によるツアーが組まれた。世紀の二大彗星を見に、オーストラリアへ行こう!

最新・彗星学4(最終回) 「彗星の尾に迫る」 渡部 潤一(国立天文台)

二大彗星接近の前に、彗星について知っておこう。連載最終回の今回は、彗星の「尾」に焦点を当てる。イオンの尾・ダストの尾のでき方やナトリウムの尾の形状、思いがけない発見など、新たな謎に迫った。

星ナビデジカメ実験隊が行く「デジタルカメラの死角を克服せよ!」

デジタルカメラで、星の軌跡と地上風景を銀塩長時間露出のように撮る方法を探った。さまざまなアイディアで「デジタル星景派」をめざせ!

ステラで再現「インドア・メシエマラソン」

ニュースファイル

  • 2020年までに再び月へ  ブッシュ大統領が発表した宇宙開発計画は本物?
  • 池袋に星空が帰ってきた  サンシャインスターライトドーム、3月20日オープン
  • PS2ソフト「NEBULA」  月面基地で体験する最高のホラーサスペンス

★コーナー連載

  • 新連載  StarStation 天体画像処理講座 第1回「美しい天体画像とは?」 伊藤明彦
  • 銀の星  四光子の記憶15「シリウス」飯島裕
  • 宇宙への夢  第15回「国立大vs私立大、進学するのならどっち?」菊池 穣&米田瑞生
  • 吉田誠一の視天  36「エーザスが見つけた激変星」
  • てつべぇのシネナビ  第34回「MIB」高部哲也
  • アクアマリン誌上演奏会  Stage33「ただ眺めるだけの星見」ミマス
  • 三鷹の森  41「復活! 星の料理」渡部潤一
  • 吉沢深雪の星見るしあわせ  第8回「ピュアな気持ち」
  • 金井三男のこだわり天文夜話  第四十話「天文学者はやっぱり3月生まれが多い?」
  • 星のギリシア神話劇場  第41幕「アルゴ船の大冒険(7)」藤井龍二
  • もっと星について知りたい  39「星雲星団の種類」浅田英夫(あさだ考房)
  • Sky Shooting File  第15回「エータカリーナ星雲」山田啓作

星ナビ日記

  • ニンジャ320/野沢昌一
  • CCDママ/みなみ
  • 双眼狂闘病記/おだとおる

4月の星空 スカイウオッチング

  • 今月の星座  「コップ座」を紹介
  • 月と惑星の動き  位置と見え方を一覧
  • 天文現象カレンダー  毎日の月齢・天文現象など
  • 注目の天文現象  天文現象の見どころ解説
  • 久万高原ニュース  新天体情報を満載

星ナビ インフォメーション & コミュニケーション

  • ニュースナビ  天文界の最新ニュースを解説
  • パオナビ  プラネタリウムと公開天文台情報 「日本プラネタリウム研究会」報告レポート など
  • ひろば  読者の投稿コーナー
  • ギャラリー  読者の写真・イラスト作品などを掲載

星ナビ.comトップページへ