音楽 CD

アクアマリン

天文やアウトドア系のイベント出演、プラネタリウムでのコンサートでお馴染み、アクアマリンの作品です。

□

「LIFE」

"LIFE" = 生命・人生という本質的なテーマをタイトルに掲げた通算7枚目のフルアルバム。「おんぼろバスのうた」「鳥の歌」「トビウオ流星群」など全13曲収録。

詳細をみる

□

「地球星歌」

約4年ぶりとなるアクアマリンのフルアルバム。世界一周旅行の体験から曲想を得た曲を収録。合唱曲で学校でよく歌われている「地球星歌」「明日の空へ」など、全14曲。

詳細をみる

□

「太陽の翼」

2009年7月22日のトカラ日食にむけて、皆既日食の素晴らしさをテーマに制作されたアクアマリンのミニアルバム。全6曲収録。

詳細をみる

□

「海と大陸と南天の星」

南十字星をはじめとする煌びやかな南半球の星空をテーマに、アクアマリン自らオーストラリアを旅して作ったコンセプトアルバム。全14曲。

詳細をみる

□

「We are not alone」

はてしない宇宙の片隅で今日を生きる僕たちの賛歌。明日からの毎日をほんの少しだけ豊かにするかもしれない15曲を収録。

詳細をみる

□

「星景歌集」

星の輝きも風のやさしさもみんな君の中にある…。アクアマリンが奏でる14の「音の風景画」集。

詳細をみる

□

「Songs of COSMOS」

メジャーで活動していた1999〜2001年リリースの11曲+初公開新曲5曲。星空、宇宙、旅、自然を題材に、あふれる真摯なメッセージ。全16曲。

詳細をみる

□

「天の川のひとしずく」

ライブで人気のあった曲をはじめ、国立天文台後援スターウイーク1999&2000&2001テーマソングとFM湘南78.3MHz「ミマスの星空音楽館」テーマ曲を収録。全15曲。

詳細をみる

清田愛未

“星を歌うアーティスト”として活躍中の清田愛未(きよたまなみ)さんの作品です。

□

「星の歌集 2」

星を歌うアーティスト清田愛未の「星を歌うアルバム」第2弾。万葉集より柿本人麻呂「天の海に」、プラネタリウム番組主題歌や「なゆた望遠鏡」の歌、オリジナルの星の歌など全9曲を収録。

詳細をみる

□

「星の歌集」

プラネタリウム番組の音楽制作や天文イベントなどで「星を歌うアーティスト」として活動中の清田愛未のミニアルバム。「はやぶさ2010」「わたしの耳は貝の殻」など全8曲。

詳細をみる

□

「アースシンフォニー サウンドトラック」

清田愛未が音楽を担当した、KAGAYAスタジオ制作の全天周映像作品「アースシンフォニー」のオリジナルサウンドトラック。全8曲収録。

詳細をみる

□

「HAYABUSA - BACK TO THE EARTH -
オリジナルサウンドトラック」

プラネタリウム番組「HAYABUSA - BACK TO THE EARTH -」のサウンドトラックCD。帰還バージョン用に作られた「想い出」、挿入歌「宙よ」のカラオケ版を含む全17曲を収録。

詳細をみる

□

「COSMIC RADIATION」

千葉県内の教育施設にあるプラネタリウム投影用にオリジナルで制作されたプラネタリウムサウンドがCD化。シンセサイザーユニットRendering Boysが千葉県内の教育施設にあるプラネタリウム投影用に制作したプラネタリウムサウンドがCD化。癒しのシンセサウンド。

詳細をみる