星ナビ 買う買う大作戦

あなたの物欲をくすぐる天文グッズを紹介

買う買う大作戦

店長 イラスト

アストロアーツオンラインショップの数ある商品の中から、よりすぐりのおすすめを店長店員が紹介します。

天文好きなら、きっと心がひかれるものばかり。「これは」というグッズがあれば、迷わず買い物カゴへ!

右側のメニューから項目を選んでマウスのカーソルを重ねると、ここに説明が表示されます。

25.月の表情を確認できる人気アイテム

□

かぐや・月球儀15

ミニ月球儀

2009年11月24日 New!

世紀の皆既日食で始まった今年の夏も終わり、少しずつ秋の気配が感じられるようになりました。約1か月後の中秋の名月を前に、今回は月探査機のデータをもとに作られた月球儀を紹介。気がつけば今年はあのアポロ11号の歴史的偉業から40年目の年でもありました。(星ナビ2009年10月号より)

詳細ページへ

24.人型にデザインした寝袋

□

ヒューマノイドスリーピングバッグ
ベージュ/ブラウン、グレー/イエロー

2009年10月23日

紅葉前線が日本列島を南下するとともに秋からが深まってきました。深夜の天体観測には厳しい季節です。今回は人型デザインの寝袋「ヒューマノイドスリーピングバック」を紹介。マミー型の寝袋と違って窮屈感がなく、とくに流星観測には最適の防寒着です。(星ナビ2008年12月号より)

詳細ページへ

23.家庭用プラネタリウムの新定番モデル

□

ホームスターPRO 2nd edition ブラック/シルバー

2009年9月29日

今年一番の天文イベント、皆既日食が終わりました。日食を契機に星空に興味をもった人も多いと思います。そんな人にお勧めしたいのが家庭用プラネタリウム「ホームスター」。天井に広がった星空を体験したら、今度は野外に出て本物を星空を体験してください。(星ナビ2009年9月号より)

詳細ページへ

22.欠けた太陽の観察は安全な観察器具で

□

アストロアーツ日食グラス

2009年6月12日

日差しが強くなり季節は初夏に入ってきました。連休が終ればそろそろ日食の準備を考え始める人も多いでしょう。今回はビクセンの「日食グラス」を紹介。皆既日食は一部の地域でしか見られませんが、日食グラスを使って全国で見られる部分日食を楽しんでください。(星ナビ2009年6月号より)

詳細ページへ

21.最新の宇宙の姿を手にしよう!

□

LSS(Large Scale Structure)扇子

2009年1月9日

秋雨の季節も終わり、星見には絶好の季節になってきました。これからの季節は、防寒に注意しながら星空を楽しみましょう。今回は宇宙の大規模構造を模したユニークな扇子を紹介。最新のシミュレーションデータをもとに作られた扇子を煽げば、大宇宙の風を感じられます。(星ナビ2008年11月号より)

詳細ページへ

20.高精度・地勢型地球儀パズル

□

3-D球体パズル ブルーアース - 地球儀 -

3-D球体パズル 火星儀 - THE MARS -

3-D球体パズル 月球儀 - THE MOON -

2008年11月7日

残暑が残りつつも朝夕には、秋の気配が少し感じられるようになってきました。今月はイラストレーターKAGAYA氏監修のもと、人工衛星のデータを使って制作した高精度・地勢型地球儀パズルを紹介します。星空観察の合間に、是非組み立ててみてください。(星ナビ2008年10月号より)

詳細ページへ

19.ハイアマチュアによる「天体写真集」

□

星稜剱岳 北アルプス立山・剱岳の星空

夜空ハ美シイ

星の降る場所

2008年10月10日

デジタルカメラの普及でもう一度天体写真をやってみたいという人が増えてきました。天体写真のなかで、星と地上の風景を一緒に納めた「星景写真」という分野があります。今回は長年撮りためた作品をまとめた3冊の写真集を紹介しましょう。(星ナビ2008年9月号より)

詳細ページへ

18.ロマンを感じる日時計アクセサリー

□

大航海時代の日時計

2008年9月3日

6月21日は夏至。夜が短いうえに、心なしか空気にも湿気が感じられ、思い通りに星見ができない季節が近づいてきました。さて、今回紹介するのは大航海時代に使われた日時計の復刻版アクセサリー。アンティーク調の気品あるデザインが物欲を刺激します。(星ナビ2008年7月号より)

詳細ページへ

17.ガラスキューブのなかに浮かぶ銀河

□

太陽系のそと ー 銀河系の立体造形

2008年5月8日

桜も咲き始め、入社・入学式と新生活スタートの季節になりました。これを機に新たな天文ライフを楽しんではいかがでしょう。今月はガラスキューブに閉じこめられた銀河系の姿を観賞してください。もちろん正確なデータにもとづいて制作された銀河系の姿です。(星ナビ2008年5月号より)

詳細ページへ

16.“ある時間”をしめす砂時計

□

In this time/イン・ディス・タイム 太陽と月の光の砂時計

2008年4月23日

暖冬に慣れてしまったせいか、時折南下してくる冬将軍の寒さが身にしみるこのごろです。1等星がたくさん輝く冬の賑やかな星空は魅力的ですが、張り切りすぎて風邪などひかないように。今月は宇宙のスケールを感じさせてくれる手作りの砂時計を紹介しましょう。(星ナビ2008年3月号より)

詳細ページへ

15.美しい天体写真をお部屋に

□

天体写真パネル

R Jay GaBany:「COSMOTOGRAPHY」

山田啓作:「Sky Shooting File」

2008年2月29日

秋分の日も過ぎて昼間の時間が短くなってきました。何と言っても秋の夜長は絶好の星見の季節。天気のいい夜は寒さに備えた服装で星空を楽しみましょう。さて今月は天気が悪い日でもお部屋で神秘的で美しい宇宙を感じられる「天体写真パネル」の紹介です。(星ナビ2007年11月号より)

詳細ページへ

14.お部屋で浮かべる小宇宙

□

お部屋はプラネタリウム(地球・月・地球儀&天球儀)

バルーンサプリ 8.7L

2007年6月8日

新緑の季節に入って夕暮れ時の西の空には宵の明星、金星が一番星で輝いています。さわやかな風に吹かれながら今回はエポック社のインテリアバルーン「お部屋はプラネタリウム」を紹介。ヘリウムガスを充填した地球や月がふわふわとお部屋を漂います。(星ナビ2007年6月号より)

詳細ページへ

13.リラクゼーションルームライト

□

ヒーリングムーン

2007年4月25日

この冬は記録的な暖冬。地球温暖化が深刻な問題になりつつありますが、このぶんでは3月中にも桜が満開になるかもしれません。さて日食と月食の両方が見られる今月に紹介するのは、室内で月の満ち欠けを再現するリラクゼーションルームライトです。(星ナビ2007年4月号より)

詳細ページへ

12.進化した家庭用星空投影機

□

ホームスターPRO メタリックブラック/メタリックシルバー

ホームスター専用原板ソフト「日本の星空」カラー版

ホームスター専用恒星原板「南半球の星空」2枚組

2007年2月28日

店長の予言通りマイナス等級のマックノート彗星が出現。南半球では彗星から延びた雄大な尾を楽しめました。何が起こるのかわからないのが天文の世界ですが、今年も楽しめそうです。今回はさらに進化したセガトイズの「ホームスターPRO」を紹介しましょう。(星ナビ2007年3月号より)

詳細ページへ

11.KAGAYAコレクション2

□

銀河鉄道の夜 壁紙&スクリーンセーバー

キーボードでつづる 銀河鉄道の夜〜全編朗読付き〜

銀河鉄道の夜 壁紙&スクリーンセーバー・タイピング練習ソフト セット

2007年1月19日

2006年の夏に公開され大ヒットした、KAGAYA氏プロデュースのプラネタリウム番組「銀河鉄道の夜」。番組公開を記念して関連の商品が多数発売されています。今回は「壁紙&スクリーンセーバー」と「タイピング練習ソフト」の2つのパソコンソフトを紹介します。(星ナビ2007年1月号より)

詳細ページへ

10.超高精細星空表示デバイス

□

TEARSTAR(ティアスター 星の雫)

2006年12月27日

今回はプラネタリウムとはひと味違った、満天の星空から切りとったような美しい星空を部屋で楽しめる星空インテリアを紹介。星空は21種類のエリアのなかから選べて、別料金で文字入れも可能。プレゼント用でいかがですか? (星ナビ2006年12月号より)

詳細ページへ

9.KAGAYAコレクション

□

「銀河鉄道の夜」関連商品

2006年11月10日

さわやかな風が心地よい秋が到来。夜も長くなってきて星空観察に絶好の季節になりました。さて今回は天文ファンの間でも大人気のKAGAYAコレクションのなかから「銀河鉄道の夜」関連の商品を紹介。KAGAYAファンは見逃せないアイテムばかりですぞ。(星ナビ2006年11月号より)

詳細ページへ

8.漆黒の黒曜石のなかの小宇宙

□

黒曜石の宇宙

2006年4月11日

3月6日は啓蟄。地中にいた虫たちが這い出てくるように、冬眠から目覚めて春の星雲星団めぐりをする天文ファンもいるはず。さて、今回は3月に入ってもまだまだ寒さが厳しい北の大地、北海道大雪山系で産出する黒曜石に、宇宙を彫った美しいオブジェを紹介しよう。(星ナビ2006年4月号より)

詳細ページへ

7.木の温もりを感じる天文グッズ

□

ナイミラー

星のキュウブ君

2006年3月8日

この冬は寒波が次々と南下してきて、日本海側は記録的な豪雪に見舞われました。とても星見どころではなかったかもしれません。今月は北海道と四国産の木製の天文グッズ2つを紹介します。一足先に木の温もりを感じてみてください。(星ナビ2006年3月号より)

詳細ページへ

6.美しく幻想的なオーロラのDVD

□

Shiny Dreams Aurora

2006年1月10日

極北の空を刻々と色や姿を変えながら舞う神秘の光〜オーロラ。自然写真家 田中達也氏が長年にわたって撮影してきた美しいオーロラの写真をもとに特殊技術で動画化。これまでにない美しいオーロラの動きを再現したDVDが登場です。(星ナビ2005年2月号より)

詳細ページへ

5.星好きのための入浴剤

□

いにしえの休日シリーズ(8パックセット)

2005年12月9日

シベリアからの寒気団が日本列島に南下してくるようになると、夜の星見は少し辛い季節。美しい星空を見て冷たい空気で体が凍えたら、入浴剤入りのお風呂で温まって、観望の疲れを癒したいものです。(星ナビ2005年2月号より)

詳細ページへ

4.胸ポケットに入る携帯プラネタリウム

□

StarPocket

2005年11月11日

またまたオモシロ天文グッズが登場。コンパクトで持ち運びが便利、しかも暗い場所でも使いやすい星座早見盤「StarPocket」。外に出るとき持っていけば、見えている星や星座がわかっちゃいます。(星ナビ2005年6月号より)

詳細ページへ

3.隕石ファンにはたまらない

□

キャニオン・ディアブロ
隕鉄ペンダント

2005年10月14日

米国アリゾナ州にあるバリンジャー・クレーターを形成したキャニオン・ディアプロ隕石から作ったペンダント。他にも月や火星起源の隕石片が入った隕石グッズも。(星ナビ2005年10月号より)

詳細ページへ

2.みんなで遊べる宇宙カードゲーム

□

N.E.O. Nemesis Exceed Orb

2005年8月10日

神秘的なイラストの宇宙カードゲーム「N.E.O.」、遊び方はポーカーに似た「Basic Play」とドミノゲームの「N.E.O. Domino」。みんなで楽しく遊べる一品です。(星ナビ2005年4月号より)

詳細ページへ

1.シックなデザインのアナログ惑星儀

□

PLANETICA(プラネティカ)

2005年7月22日

フランスのデザイナー、ベルナール・ヴューアルヌッソン氏が製作した惑星儀。黒い盤面にメタリックシルバーの惑星というシックなデザインが物欲をそそる。(星ナビ2005年3月号より)

詳細ページへ