ムック・書籍(他社書籍)

星ナビ.com「天文関連書 新刊情報」でも天文宇宙に関連する新刊ムックや書籍をご紹介しています。

組立天体望遠鏡つき書籍

□

「10分で完成!はじめての望遠鏡 組立正立像望遠鏡 普及版 15倍」

口径40mmのアクロマート対物レンズ、ポロプリズムを使った15倍の組立式望遠鏡。天体・野鳥観察、山や海の風景観察にも。モノクロ版の解説書が付属の普及版です。

詳細をみる

□

「10分で完成!組立正立像望遠鏡 15倍」

口径40mm、倍率15倍、誰でも簡単に組み立てられる望遠鏡。正立像で初心者でも扱いやすく、天体や野鳥を簡単に導入できます。天体観察ガイド、野鳥観察ガイド付き。

詳細をみる

□

「10分で完成!組立天体望遠鏡 15倍」

口径40mm、倍率15倍の手軽な組立て式天体望遠鏡が付いた書籍。組み立てた望遠鏡で月のクレーターを観察してみよう。小冊子「天体観察ガイドブック」が同梱。

詳細をみる

□

「10分で完成!組立天体望遠鏡 35倍」

組立て式天体望遠鏡が付いた書籍第2弾は、対物・接眼レンズはオールガラス製で倍率35倍。月のクレーターもくっきり、土星の環もわかります。

詳細をみる

検定本

□

「星検公式問題集(3級、2級 新版)」

星検(星空宇宙天文検定)の公式問題問題集(3級、2級)。受検参考用の問題と解説を160問収録。問題をクリアしたら検定試験にチャレンジ!

詳細をみる

□

「星検公式問題集(5級、4級 新版)」

星検(星空宇宙天文検定)の公式問題問題集(5級、4級)。受検参考用の問題と解説を120問収録。問題をクリアしたら検定試験を受けてみよう。

詳細をみる

□

「天文宇宙検定 公式問題集 1級」

天文宇宙検定委員会が主催する「天文宇宙検定」の1級を目指す人に向けた問題集。検定試験に即した四択問題を6つのジャンルにまとめました。

詳細をみる

□

「天文検定」

星座、観測、太陽系、恒星、銀河・宇宙、歴史、雑学の7分野、285個の問題で天文知識を判定。各問題の解説や補足資料も充実。

詳細をみる

マップ

□

「星空観察マップ」

宇宙開発から生まれた“ミウラ折り”の星空マップ。春夏秋冬の星座の見つけ方を解説。簡単に展開・収納ができるので、野外の星空観察で便利です。

詳細をみる

□

「野鳥観察マップ」

宇宙開発から生まれた“ミウラ折り”の野鳥マップ。バードウオッチング入門の基礎となる55種類の野鳥を解説。簡単に展開・収納ができるので、野外の観察で便利です。

詳細をみる

写真集

□

「ふくしま 星・月の風景」

「ふくしま 星・月の風景 フォトコンテスト」の応募作品のなかから、表彰作品・優秀作品を掲載した写真集。福島県内各地における素晴らしい「星・月の風景」を感じられます。

詳細をみる

□

「あすのとびら 〜オーロラのささやき〜」

北極圏で独創的に撮影された「オーロラ」と空と星がつくりだす「癒しの風景」に、癒しを感じるエッセイを組み合わせた、オーロラフォトグラファー堀田 東氏のフォトエッセイ。

詳細をみる

□

「星空 ファイノメナ」

ギリシャの遺跡と星空の美しさに魅了された写真家 橋本武彦氏の写真集。星空とギリシャ文明の遺跡を捉えた迫力満ちあふれた世界が広がります。

詳細をみる

□

「AURORA〜Southern Lights〜
& SOUTHERN CROSS
(オーロラと南十字星)」

ニュージーランド南島にある小さな街クィーンズタウン在住の米戸 実氏が、長年撮り続けたオーロラの写真集。南半球の星空、リニア彗星・ニート彗星も収録。

詳細をみる

一般天文書・資料

□

「Eternal Return −いのちを継ぐもの−
公式パンフレット」

プラネタリウム番組の公式パンフレット。星ナビに連載された監修者による「科学者が語る Etrernal Return」を再録し、制作の舞台裏やスタッフのコメントも加えた一冊です。

詳細をみる

□

「昭和の衛星屋さん 朝鮮半島編」

小野英男氏がトークライブ「衛星まつり」で話したことを書き起こし、テーマごとに読み物としてまとめた一冊。「星を作った男〜昭和の衛星屋さん〜」の姉妹版。

詳細をみる

□

「星暦(ほしごよみ)」

元名古屋市科学館天文主幹で、多くの天文ファンに愛された山田 卓さんが、2002年から2004年まで中日新聞伊勢志摩版に連載していたコラム。

詳細をみる

□

「ICQ 2011/2012 COMET HANDBOOK」

2011年から2012年に観測可能な全224彗星の最新軌道要素と、2011年4月から2012年4月までの位置推算表(一部の微光彗星は2011年12月以前まで)を収録した、彗星観測者や新天体捜索者にお勧めのデータブック(英語)。

詳細をみる

□

「ICQ 2010/2011 COMET HANDBOOK」

2010年から2011年に観測可能な全223彗星の最新軌道要素と、2010年7月から2011年8月までの位置推算表(一部は2012年1月まで)を収録した彗星観測者、新天体探索者必携のデータブック(英語)。

詳細をみる

□

「ICQ 2009/2010 COMET HANDBOOK」

最新の彗星軌道要素と、2009年後半から2010年の彗星の位置表を収録した、彗星観測者、新天体探索者必携のデータブック(英語)。事前の観測計画に役立ちます。

詳細をみる

□

「ICQ 2008/2009 COMET HANDBOOK」

最新の彗星軌道要素と、2008年から2009年前半の彗星の位置表を収録した、彗星観測者、新天体探索者必携のデータブック(英語)。

詳細をみる

□

「彗星年表2007」

2007年に出現する周期彗星と観測できる彗星を集めた、東亜天文学会彗星課発行のデータ集。彗星観測者必須です。

詳細をみる

□

「彗星年表2006」

2006年に出現する周期彗星と観測できる彗星を集めた彗星観測者必須のデータ集。巻末には関 勉さんの「彗星発見記」を収録。東亜天文学会彗星課発行。

詳細をみる

□

「宇宙への招待 改訂版」

ハッブル宇宙望遠鏡をはじめ、現代天文学の最前線がとらえた壮麗な宇宙像を最新のカラー写真で紹介する天文学入門書。

詳細をみる

□

「星空への招待」

藤井 旭 著。星空ウオッチングの楽しみ方、天文学の基礎知識をわかりやすく解説。失敗しない天体写真の撮影テクニックも公開。見て読むだけで楽しいスカイウオッチングブック。

詳細をみる

□

「大宇宙101の謎」

山岡 均 著。大宇宙誕生の謎から、超新星やブラックホールの形成など銀河系の星々が繰り広げる壮大なドラマまで、すべての人が知りたい宇宙の秘密を写真やイラストを使って解説。

詳細をみる

□

「星空と宇宙の楽しみ方」

美しいカラー写真を多数収録。宇宙のしくみや星空ウオッチングの楽しみ方を解説。全国学校図書館協議会選定図書。

詳細をみる

□

「日本の小惑星命名宝鑑」

1997年までに発見・命名された小惑星のうち、日本に関する502個の小惑星についてまとめた資料集。

詳細をみる

こども向け天文書

□

「こども図鑑 彗星の観察」

長い尾をひいて夜空に現れる神秘的な天体「彗星」の正体、観察の仕方などを美しい画像やイラストを使って子ども向けに解説。大判彗星はがき2枚組が特別付録。

詳細をみる

□

「こども図鑑 惑星の観察」

望遠鏡や探査機などの画像を用いて、太陽系の惑星たちの素顔や見つけ方をやさしく紹介したこども図鑑シリーズ。太陽系縮尺ポスター付き。

詳細をみる

□

「こども図鑑 月の観察」

月の満ち欠けの様子や、双眼鏡や天体望遠鏡での月の観察の仕方、簡単な撮影方法などをやさしく解説。「ポケット月齢早見盤」が特別付録。

詳細をみる

□

「こども天体観察図鑑」

天体観察の基本知識から、四季の星空、月や惑星、彗星、流星などの観察の仕方を子ども向けにやさしく紹介。天体望遠鏡の種類や見え方なども解説した観察入門図鑑。

詳細をみる

□

「こども星座図鑑」

四季の星座の探し方と星座にまつわる話を写真とイラストでまとめた子ども向け天文図鑑。

詳細をみる

□

「こども宇宙図鑑」

太陽系から星世界、大宇宙へと探検しながら宇宙の不思議を写真とイラスト画で解説した子ども向け天文図鑑。

詳細をみる