天体画像処理ソフト ステライメージ8

よくある質問と回答(FAQ)

自動メトカーフコンポジットで「画像マッチングに失敗しました」エラーが出る

発生する問題

ステラナビゲータ10 またはステラショットとの連携でメトカーフコンポジットを行うと、「画像マッチングに失敗しました」エラーが出ます。撮影画像は問題ないと思うのですが。

画像マッチングに失敗

対処

軌道要素やアップデータを最新のものにしてください。

  • ステラナビゲータかステラショットいずれかでデータ更新を行ってください。
    • ステラナビゲータ10:「ツール」メニュー→「データ更新」から
    • ステラショット:Altキーでメニュー表示→「設定」メニュー→「データ更新」から
  • 「未来の元期の軌道要素が登録されている天体の場合に画像マッチングが失敗する」という不具合をアップデータで修正しています。最新アップデータをインストールしてください。

原因特定のためのヒント

画像マッチングに失敗する原因の一つとして、

  • 長焦点や露出時間が短いため画像に写っている恒星数が少なく、星表データと照合できない

というものがあります。これが原因の場合は残念ながら対処できません。

「ステラナビゲータ」の自動位置合わせを使うことで、上記が原因かどうかを判断することができます(ステライメージの画像マッチングと同一の処理を利用しているため)。

  1. 確認対象の画像1枚をjpg形式で保存(ステライメージ8では「詳細編集モード」の「ファイル」メニュー→「名前をつけて保存」)
  2. ステラナビゲータを起動し、画像の撮影日時に設定、大まかに撮影画像と同じ視野範囲を表示する
  3. 1.で保存した撮影画像ファイルを、星図上にドラッグ&ドロップする
  4. 画像が星図上にマッピング(表示)されるので、この回転角や縮尺を大まかに星図に合わせる
  5. マッピング画像の上で右クリック→「自動位置合わせ」をクリックし、ダイアログ中の「実行」ボタンをクリックする

以上の操作で位置合わせができない場合には、画像に映っているGSC-ACT恒星が足りないことがステライメージでのマッチング失敗の原因と特定できます。