Location:

投稿画像ギャラリー

2月14日の太陽

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ID: 45917

[写真]

撮影者 トトロ船長
撮影日時 2018/02/14 09:45:08、露出 30秒
撮影地 高知県佐川町上郷の自宅
撮影機材 その他 LS60THa/PT 500mm
  ZWO ASI183MM
  1.6倍バローレンズをASI183MMの先端にネジ止め装着。
画像処理 AutoStakkert!2でスタック後レジスタックス6にてWavelet処理。
ステライメージにて明るさコントラスト及びアンシャープマスク処理及びサイズ調整。
特記事項 EiC-16に比べて双眼用の1.6倍バローレンズを直付けした方が倍率が抑えられて合成する必要もなく、画面内の太陽の位置を上下左右に移動させて程よい画像が得られるので都合が良いです。
バローレンズの種類を変えたりノーマルで撮影したりと色々試しておりますが、この1.6倍バローレンズが一番しっくりくるようです。
コメント 本日は休日だったので、電線に邪魔されない午前中に撮影しました。気流はいまいちでしたが、まずまずの画像に仕上がってると思います。
カテゴリ 太陽
キーワード 太陽

「天体写真撮影テクニック 都市星景撮影術 比較明合成で撮る都会の星」 「デジタルカメラ星景写真撮影術」三脚で星景写真を撮る! 「デジタルカメラ星空写真撮影術」赤道儀で星空写真を撮る! 動画で学ぶデジカメ画像処理入門 天体撮影ソフトウェア「ステラショット1.5」ディザリング対応