Location:

投稿画像ギャラリー

StellaImage8によるR-USM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ID: 42549

[写真]

撮影者 T.Hirose
撮影日時 2017/08/22 02:33:40、露出 22.073秒
1/1000-1s 1EV間隔 ×9セット
撮影地 アイダホデューンスRV
撮影機材 トミーテック BORG 60ED 350mm
  キヤノン EOS Kiss X7i
  iOptron 自作ソフトウェアによる自動撮影CubePro
画像処理 ・皆既中に撮影したコロナ画像の内、彩層の影響がない9セット分(99枚)を使用
・DigitalPhotoProfessionalにて、RAWをTIFF化(特段の調整なし)
・各1セット分を、StellaImage8の「画像マッチ(並進のみ)」にてコンポジット。
・それぞれのセットのコンポジット画像を、レグルスとしし座ν星を基準点としてコンポジット
・レベル調整
・StellaImage8cの回転アンシャープマスク(角度=8°,段数=4, 強度=5, 最小=32、最大・黒縁抑制なし)
・マルチバンドシャープ(1=0.125, 2=0.25, 4=0.5, 8=1, 16=2, 32=4, 最小=32, 最大=200, 黒縁抑制=なし)
・月影部分を範囲指定し、トーンカーブを調整して地球影を強調
・PaintShop8にて、おおよそ太陽の南北が垂直になるよう、画像回転
コメント 自分の画像では、ローテーショナルグラディエントと比べて以下のような特徴があるように思います。
・輝度が低い外部コロナまできれいに出るように思います。
・背景部分の画像の荒れが少ないように思います。
特集 2017年8月21日 北米皆既日食
カテゴリ 太陽 日食
キーワード 日食 皆既日食 コロナ

「天体写真撮影テクニック 都市星景撮影術 比較明合成で撮る都会の星」 「デジタルカメラ星景写真撮影術」三脚で星景写真を撮る! 「デジタルカメラ星空写真撮影術」赤道儀で星空写真を撮る! 動画で学ぶデジカメ画像処理入門 天体撮影ソフトウェア「ステラショット1.5」ディザリング対応 ステラショット+ステライメージ かんたん天体写真撮影