Location:

投稿画像ギャラリー

宵空の火星と金星 1月20日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ID: 37481

[写真]

撮影者 北の子猫座  web
撮影日時 2017/01/20 16:48:00、露出 3333分の1秒
NexImage5 による動画撮影 および POWER MATE 2.5倍拡大動画撮影
撮影地 北海道岩見沢市
撮影機材 その他 スカイウォッチャー DOB GOTO12 1500mm
  セレストロン NexImage5
  Tele Vue POWER MATE 2.5倍(火星のみ利用)
画像処理 RegiStax Ver.6 による動画合成処理、Paint Shop Pro5 でピクセル等倍のそれぞれを合成等
特記事項 経緯台自動追尾による撮影
金星 Gain 10 50fps 1/3333秒 1000コマ合成、火星 Gain 24 40fps 1/120秒 400コマ合成
コメント 宵空の金星を撮影した際に昨年夏よりも高度が高く撮影しやすい火星も撮ってみました。見かけの大きさが比較出来るように左上に40%に縮小した火星を添付しています。金星と比較すると随分小さいことがわかります。それでも模様がわかりますので、もっと良い機材なら案外と綺麗に撮れそうです。
特集 2017年 火星
カテゴリ 惑星
キーワード 火星 金星

「天体写真撮影テクニック 都市星景撮影術 比較明合成で撮る都会の星」 「デジタルカメラ星景写真撮影術」三脚で星景写真を撮る! 「デジタルカメラ星空写真撮影術」赤道儀で星空写真を撮る! 動画で学ぶデジカメ画像処理入門 天体撮影ソフトウェア「ステラショット1.5」ディザリング対応 ステラショット+ステライメージ かんたん天体写真撮影