2017年4月 ラヴジョイ彗星が6等前後

このエントリーをはてなブックマークに追加
4月ごろ、明け方の東の空にラヴジョイ彗星(C/2017 E4)が見える。6等程度まで明るくなる可能性があり、双眼鏡での観察や撮影を楽しみたい。4月20日ごろにはアンドロメダ座大銀河に接近する。

星図

4月、ラヴジョイ彗星(C/2017 E4)が明るくなって見えると予想されている。ペガスス座からアンドロメダ座へと移動していき、明け方の東の空に見える。順調に増光すれば6等台かそれ以上まで明るくなる可能性もある。やや低空ではあるが、南寄りに見えているパンスターズ彗星(C/2015 ER61)、北の空高いところにあるタットル・ジャコビニ・クレサーク彗星(41P)とあわせて、双眼鏡や天体望遠鏡で観察したり撮影したりしてみよう。4月20日ごろにはアンドロメダ座大銀河と接近する。

ラヴジョイ彗星は、オーストラリアのラヴジョイ氏が今年3月に発見した彗星(同氏による6個目の発見)である。

4月の見え方
4月の見え方(場所の設定は東京)。日付横の括弧内は予想等級。彗星は模式的に表現している。クリックで星図拡大

赤道座標の星図
赤道座標の星図。日付横の括弧内は予想等級。彗星は模式的に表現している。クリックで星図拡大

※予想等級は4月6日時点のものです。COBSの観測データに基づき、絶対等級10.2等、光度係数を12.6として計算しています。

  • 4月3日時点の予想(12.5等/28.0)よりも暗くなっています

関連リンク