AstroArts Topics

ヘッドライン

【レポート】天文講習会「天体写真画像処理講座 2019前期」の3、4回目を開催

2019/07/29
2019年7月20日(土)と21日(日)、東京・池袋の池袋コミュニティ・カレッジで「天体写真画像処理講座 2019前期(全4回)」の3回目と4回目の講座を開催しました。後期の講座は10月、11月に開催します。

天体写真ギャラリー:月、星雲など55枚

2019/07/29
月、17日の部分月食、木星、土星、星雲など。

オリジナル手ぬぐいがもらえる 「夏のセール」開催中! 9月2日まで

2019/07/29
星に接することが多くなる夏休みにあわせて、アストロアーツオンラインショップでは夏のセールを開催中です。

2019年8月の星空ガイド

2019/07/25
主な現象/木星(夕方~深夜)、土星(夕方~未明)が見える/7日:伝統的七夕/10日:水星が西方最大離角/12~13日:月と土星が大接近/13日前後:ペルセウス座流星群

インドの月探査機「チャンドラヤーン2号」、打ち上げ成功

2019/07/23
インド宇宙研究機関は7月22日、月探査機「チャンドラヤーン2号」を打ち上げた。着陸予定は9月上旬だ。

中国の宇宙ステーション「天宮2号」 運用終了

2019/07/23
中国宇宙ステーションの実験モジュール「天宮2号」が、7月19日に大気圏へ再突入して運用を終了した。

天体写真ギャラリー:木星、土星など55枚

2019/07/23
南米皆既日食、木星、土星、天の川など。

リュウグウのようなC型小惑星の破片は壊れやすい

2019/07/22
「はやぶさ2」の小型着陸機「MASCOT」により、リュウグウの表面は小さい物質ではなく多孔質のもろい大きな岩で覆われていることが確かめられた。リュウグウのようなC型小惑星に由来する隕石の数が少ないのは、その壊れやすさが理由のようだ。

天体画像処理ソフト「ステライメージ8」が8.0gにアップデート ニコンZ 7など5機種のデジタルカメラRAWに対応

2019/07/22
天体画像処理ソフト「ステライメージ8」用アップデータを無償公開しました。新たにニコン、オリンパス、ソニーの3社5機種のデジタルカメラRAWデータに対応しています。

こだわり天文書評『ファースト・マン』『MOONSHOTS』など8冊

連載・読み物
2019/07/22
金井三男さんによる『ファースト・マン』『人は科学が苦手』など4冊のレビューと、星ナビ2019年7月号「ほんナビ」の『月着陸船開発物語』『MOONSHOTS』など5冊のレビューを公開。

星空案内 毎月の天文現象や星座を解説

フレアが惑星に及ぼす影響を定量的に評価

2019/07/19
恒星表面で発生するフレアが惑星に及ぼす影響が、モデルに基づいて定量的に評価された。惑星の大気や磁場により影響は大いに異なり、太陽系から最も近いプロキシマケンタウリの惑星は厳しい環境にあるとみられる。

2019年7月28日 ヒヤデス星団食

2019/07/19
7月28日の未明から明け方、月齢25のやや細い月がおうし座のヒヤデス星団の星々の間を通り過ぎるヒヤデス星団食が起こる。

若い星の周りで見つかった、衛星を作る周惑星円盤

2019/07/18
アルマ望遠鏡を使った観測で、若い星を巡る惑星を取り巻く「周惑星円盤」が初めてとらえられた。衛星系を作る元になる構造と考えられている。

天王星や海王星内部の磁場の起源は「金属の水」

2019/07/17
水を主成分とする試料をレーザーで圧縮する実験で、水が光を強く反射する金属状態になることが確かめられた。天王星や海王星内部の磁場の源が「金属の水」に流れる電流であることを示す結果である。

大質量原始星を取り巻くガス円盤の姿

2019/07/16
太陽の10倍重い原始星を取り巻くガスの様子が、アルマ望遠鏡の観測により真上から高解像度でとらえられた。ガス円盤の非対称な構造や、外側から円盤に向かってガスが落下していることなどが明らかにされている。

初めてとらえられた銀河団衝突の瞬間

2019/07/16
X線天文衛星「すざく」や電波望遠鏡などを用いた観測で、銀河団同士が衝突するときに発生する衝撃波が初めて観測された。銀河団の形成と進化の過程を理解するうえで重要な成果となる。

「神奈川工科大学厚木市子ども科学館」のプラネタリウムがリニューアルオープン

2019/07/16
神奈川県厚木市の「神奈川工科大学厚木市子ども科学館」のプラネタリウムが7月6日(土)にリニューアルオープンした。

天体写真ギャラリー:日食など68枚

2019/07/16
南米皆既日食、木星、土星など。

「100点満点で1000点」、「はやぶさ2」第2回着陸に成功

2019/07/12
日本時間11日午前、探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウへの2回目のタッチダウンに成功した。表面のサンプル採取にも成功したとみられる。

【特集】ペルセウス座流星群(2019年)

2019/07/12
8月13日前後に活動が活発になりますが、月明かりの影響があるため、今年は少なめの予想です。安全やマナーに気をつけながら、流れ星を待ってみましょう。